日本学術会議「幹事会だより No.183」について

 

 

---------------------------------------------------
幹 事 会 だ よ り No.183
---------------------------------------------------
 

                                  令和2年11月30日発行
                                     日本学術会議会長
                                        梶田 隆章
 

 第25期が令和2年10月1日よりスタートしました。期首のため発行が遅れてしまいましたが、第24期に引き続き第25期においても幹事会だよりを発行し、会員、連携会員の皆様への情報発信を行いたいと考えております。
 一方で、第25期幹事会発足直後より、就任のご挨拶(10月15日)をはじめ、内閣総理大臣との面談に関するご報告(10月20日)、日本学術会議の活動と運営に関する記者会見のご報告(10月30日、11月13日、11月27日)をさせていただくなど、会長・幹事会としてのご連絡を随時行っているところでもあります。
 そこで、当面の間、第25期における幹事会だよりについては、定期的(月1回程度)には、幹事会の議事概要の報告を中心とした内容とさせていただき、それに加えて、会長等幹事会から皆様への情報発信を必要に応じて随時行ってまいります。ご理解いただけますと幸いです。
 第25期第1回目となる今回の幹事会だよりでは、第25期の第300回幹事会(10月2日(金)開催)、第301回幹事会(10月3日(土)開催)、第302回幹事会(10月29日(木)開催)、第303回(メール審議:11月20日(金)開催)の議事概要を御報告するほか、第24期末の9月24日(木)に開催された第299回幹事会の議事要旨についても合わせて、御報告いたします。

========================================================
以下、(第24期)第299回、(第25期)第300回、第301回、第302回、第303回(メール審議)幹事会の概要となります。

◎第299回幹事会(令和2年9月24日(木)13:30〜16:30)
審議事項等
1 前回議事要旨の確認が行われた。
2 以下の公開審議が行われた。
(1) 提言「学術の振興に寄与する研究評価を目指して−定量的評価手法及び資源配分へのその利用の問い直しを中心に−」について、研究評価分科会三成美保委員長、武田洋幸幹事及び林隆之委員より説明があり、審議の結果、引き続き検討を行うこととなった。
(2) 提言「我が国における教育データの利活用に関する提言—エビデンスに基づく教育に向けて」について、教育データ利活用分科会緒方広明幹事及び柴山悦哉委員より説明があり、審議の結果、所要の修正を行うことを条件に承認した。
(3) 危機対応科学情報発信委員会が公表した記録「第 24 期危機対応科学情報発信委員会 活動記録」について、内容についての異議の申し立てがあった。
(4) 学術フォーラム及び土日祝日に講堂を使用するシンポジウム等について承認した(2件の学術フォーラム)。
(5)7件のシンポジウム等の開催及び1件の国内会議の後援について決定した。
(6) 「日本学術会議総会及び部会の開催方法について」を幹事会として決定することについて承認した。
3 以下の非公開審議が行われた。
(1) 日本学術会議連携会員の辞職の承認について、同意することを決定した。

◎第300回幹事会(令和2年10月2日(金)17:00〜18:50)
審議事項等
1 第25期における第1回目の幹事会のため、出席した各幹事会委員からご挨拶があった。
2 以下の公開審議が行われた。
(1) 分野別委員会における委員会委員(30委員会)を決定した。
(2) 課題別委員会の設置(新規設置1件)及び委員会委員(新規1件)を決定した。
〇新規設置及び委員会委員決定
・防災減災学術連携委員会
(3) 第一部会確認事項(決議)について確認した。
(4) 幹事会における議事要旨の作成について確認した。
(5) 今後の予定について検討を行った。

◎第301回幹事会(令和2年10月3日(土)15:30〜16:30)
審議事項等
1 前回議事要旨の確認が行われた。
2 以下の公開審議が行われた。
(1) 分野別委員会における運営要綱の一部改正(新規設置19件)及び分科会委員(新規19件)を決定した。
(2) 課題別委員会の設置(新規設置1件)及び委員会委員(新規1件)を決定した。
○新規設置及び委員会委員決定
・人口縮小社会における問題解決のための検討委員会
(3) 今後の予定について検討を行った。


◎第302回幹事会(令和2年10月29日(木)13:30〜15:15)
審議事項等
1 前回議事要旨の確認が行われた。
2 以下の公開審議が行われた。
(1) 「日本学術会議分野別委員会及び分科会等について」の一部改正について決定した。
(2) 幹事会附置委員会の設置(新規2件)、委員会委員(新規1件)を決定した。
〇新規設置および運営要綱の決定
・広報委員会
・財務委員会
〇委員会委員の決定
・広報委員会
(3) 機能別委員会における運営要綱の一部改正(新規設置1件)及び委員会委員(新規4件)並びに分科会
委員(新規1件)を決定した。
○分科会の設置及び分科会委員決定
・フューチャー・アースの国際的展開対応分科会
〇委員会委員の決定
・選考委員会
・科学者委員会
・科学と社会委員会
・国際委員会
(4) 分野別委員会合同分科会の新規設置(5件)及び分科会委員(新規1件)を決定した。
(5) 分野別委員会における運営要綱の一部改正(新規設置179件、設置期限の変更2件、設置期限及び委員構成の変更1件)、委員会委員及び分科会委員(新規45件、追加5件)を決定した。
(6) 課題別委員会の設置(新規1件)および委員会委員(新規1件)を決定した。
〇新規設置及び委員会委員決定
・フューチャー・アースの推進と連携に関する委員会
(7) 若手アカデミー会員を決定した。
(8) 日本学術会議アドバイザーの任命について決定した。
(9) 3件の国内会議の後援を決定した。
3 その他事項として、日本学術会議の講堂及び会議室の使用制限(新型コロナウイルス感染防止策)の緩和および使用条件について一部改正することを確認したほか、今後の幹事会等の開催日程について確認した。
4 以下の非公開審議が行われた。
(1) 分野別委員会における分科会委員(特任連携会員)(追加2件)を決定した。
(2) ドレフュス賞2021受賞候補者を推薦することを決定した。
(3) 外部委員候補の推薦について承認した。
(4) 日本学術会議連携会員の辞職の承認について、同意することを決定した。

◎第303回幹事会(令和2年11月20日(金))
 (会則26条による幹事会における議決方法の特例により、メール審議を行った。)
審議事項等
1.学術フォーラム及び土日祝日に講堂を使用するシンポジウム等
  【令和2年度第3四半期】追加分
提案1 学術フォーラム「新型コロナウイルス感染症コントロールに向けての学術の取組」の開催について
  議決結果:賛成16票 反対0票
  提案1について原案のとおり承認された。

========================================================
SCJ Member Forum (会員・連携会員専用掲示板)
https://www.scjbbs.go.jp/bbs/index.php
ログインには、会員・連携会員に郵送でお送りしたユーザー名とパスワードが必要です。

日本学術会議HP
http://www.scj.go.jp/
幹事会開催状況(議事要旨、配布資料)はこちら
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/index.html